記事内にPRを含む場合があります

【バスケ】スティールを回避できるショルダーレイアップシュート

シュート
シュート

バスケットボールを経験していれば、誰しもが一度は味わうレイアップモーション中のディフェンスによるスティール。ディフェンスからすれば「してやったり」で、常に狙っているタイミングでもあります。

ダイアくんとモンドちゃん
ダイアくんとモンドちゃん

僕もスティールされたことある!「あぁ!あともう少しで2点獲れたのに!」って、とても悔しかった。

やまぐちコーチ
やまぐちコーチ

コーチも、学生時代にこのスティールを存分に喰らいました(笑)

でも、このスティールを回避できる方法があるんですよ♪

このテキストでは、そんな状況を回避できるレイアップシュートの方法をお伝えいたします。

  • ディフェンスにスティールさせないレイアップシュートを身につけましょう
  • レイアップステップ中の悪い癖をなおしましょう
  • かっこいいレイアップシュートを身につけましょう♪

ショルダーレイアップ解説

それでは、ショルダーレイアップシュートをご紹介していきます。通常のレイアップシュートとの比較や、ディフェンスが狙っているスティールのタイミングなどを確認しながら、学んでいきましょう。

ショルダーってなに?

ショルダーとは、体の部位で「肩」を指します。つまり、ショルダーレイアップシュートとは、肩の位置でボールを保持しながらレイアップステップを踏み、シュートへ持ち込むスキルになります。

実践方法はテキスト内の動画で紹介しておりますので、先に読み進めてみてください。

通常のレイアップをみてみよう

初級編、ノーマーク状態で練習する時の基本的なレイアップシュートをみてみましょう。

※動画の一部分のみ再生されます。

レイアップステップの1歩目を踏んだタイミングでボールを持つ位置が低いのが分かると思います。もちろん、初級編の練習ではこの内容で問題ありませんし、ノーマークであれば最もストレスなく行えるレイアップシュートと言えます。

ディフェンスは常にスティールを狙っている

上記のレイアップシュートのように一瞬でもスキがあるタイミングを、ディフェンスは常に狙っています。こちらの動画でもご紹介させていただいておりますが、レイアップステップ中のスティールは最も狙いやすいタイミングのひとつです。

※動画の一部分のみ再生されます。

このようにディフェンスはあなたが思っている以上に、常にボールスティールを狙っています。

ノーマークのレイアップシュート練習を淡々と行うことの罠

レイアップシュート時にスティールにあってしまう原因のひとつとして、「フリーでレイアップシュートを決める練習しかできていない」ことがあげられます。もちろん、初級者、初中級者のプレイヤーは段階的なステップアップが必要であり、ノーマークの状態で高確率なレイアップシュートを決める必要があります。

しかしながら、限られた練習時間、淡々とレイアップシュートの練習をする。もちろん必要なことではあるとは思いますが、そればかりを行っているとすれば問題かもしれません。

レベルアップを目指す時は、ステップにバリエーションを加えたり、少しでもディフェンスのプレッシャーのある状況を作り出すなどの工夫が必要になります。

ショルダーレイアップを練習しよう

ディフェンスのスティールを回避するショルダーレイアップシュートを動画で確認していきましょう。

ショルダーレイアップシュートは、肩の位置にボールを保持して行うレイアップシュートです。ディフェンスがオフハンド側(シュートを行う手の反対側)にいる時にスティールを回避するために有効です。

動画では、ショルダーレイアップに入る時、ボールを両手でプロテクト(保持)してから行うパターンと、片手でハンドリングして行うパターンをご紹介させていただきました。

身体能力が上がってくれば、空中で手首を返してレイアップシュートを決めることもできます。

ballersmind -wear a maxim-(動画内で着用されているバスケットボールウェア)
 

フィンガーロールも身につけよう

ショルダーレイアップの習得には、片手でのボールコントロールと、フィニッシュのハンドリングスキル「フィンガーロール」も同時に習得しておくとより良いかと思います。

フィンガーロールとは、アンダーハンドレイアップでボールが手からはなれる瞬間に、手首をスナップさせ、リリースの意識を指先まで伝えるスキルです。上手にできると、ボールが回転し、ゴールの上に残るような優しいリリースができ、シュート確率が格段とアップします。

まとめ

ショルダーレイアップをご紹介させていただきました。

練習では、ノーマークの練習も多く行うと思います。その時に、ディフェンスをイメージできていることが大切だと思います。バスケットボールの試合では、視野の広さ、状況判断が必須です。練習の時から顔を上げてプレーすることや、相手ディフェンスがどこにいるのか、ディフェンスのアクションを意識してプレーできると、実戦につながると思います。

【バスケ】高度なボール回しコーディネーショントレーニング3選
多くの指導者は、選手の未来を本気で考え、プレイヤーとして、人として活躍できるように「今、何を行うか?」「今、何を伝えるか?」という課題と向き合っていると思います。 練習メニューは、スキル先行となるのではなく次のステージに向かうために今取り組…
【バスケ】シュートの飛距離を伸ばすコツ5選
シュートがリングに届かない。フリースローでラインを踏んでしまう。3ポイントシュートはフォームが乱れる。など、シュートの飛距離が出せないという悩みは、バスケットボールをプレ―していれば一度は経験する課題だと思います。 このテキストでは、シュー…
一瞬で相手を置き去りにする1on1スキル「シミージャブ」を解説します
今よりもっと、1on1に強くなりたい。1on1の技のバリエーションを増やしたい。相手ディフェンスを置き去りにしたい。バスケをしていれば、そのように感じているプレイヤーは多いと思います。 このテキストでは、そんなあなたにおススメの1on1スキ…
ジャブステップとの合わせ技で相手の裏をかく「トゥータップ」とは?
バスケットボールの基本スキル「ピボット」を用いた1on1のオフェンススキル「ジャブステップ」を知っていますか? ジャブステップは試合中に多く使う1on1スキルで、ボールを守りながら相手を出し抜くのに効果的です。しかし、ディフェンスのレベルが…
スピードの”緩急”を使う1on1スキル「シザースステップ」の解説書
相手ディフェンスを出し抜く1on1ムーブ。「もっともっとネタが欲しい!」と思ったことありますか?そんな貪欲なあなたにはぜひ習得していただきたいスキルをご紹介いたします。 このテキストでは、ドリブル中にスピードの緩急で相手ディフェンスを出し抜…
タイトルとURLをコピーしました