記事内にPRを含む場合があります

バスケの「トラベリング」を徹底解説します

ルール
ルール
スポンサーリンク

あなたは、バスケットボールのバイオレーション(違反)である、「トラベリング」を正しく理解していますか?試合中にトラベリングをコールされても、なぜコールされたのかがわからなかったり、トラベリングをしないように練習したいと思っても、やり方がわからなくて困っていませんか?

このテキストでは、トラベリングについてのルール確認と、実践でコールされないための練習方法などをご紹介して参ります。

スポンサーリンク

3歩、歩いたらトラベリングの罠

バスケットボールは学校体育でも必修となっていることが多く、トラベリングというルールを全く知らない方はあまりいないのではないでしょうか。

コート上はドリブルをしながら動かなくてはならず「ボールを保持してから2歩まで歩いてよい」または「3歩歩いてはいけない」というように認識されていると思います。体育ではここまでの理解でも問題ないかもしれません。しかし、競技バスケットをされている皆さまは、この言葉の罠にハマらないように正しく理解して、実践していく必要があります。

歩数の数え方

まずは、ボールを保持する際の、歩数の数え方を確認していきましょう。

ボールをキャッチする際には、次の動作へつなげるために「ミート」を使います。基本的には体を少しホップさせながらボールをキャッチします。

ボールミート(迎え入れる)

こちらの動画では、両足ミート、片足ミートを紹介しています。
ボールをキャッチした時に、両足ミートをした場合は「1歩」として数えます。両足が地面についたのだから、2歩ではないの?と思ってしまうかもしれませんが、1歩目なのですね。この場合、次に動かすいずれかの足が2歩目になります。

片足ミートをした場合、キャッチ後に先に着地した足を1歩、後に着地した足を2歩と数えます。

ピボットを使う

バスケットボールには、「ピボット」(ピヴォット)というスキルがあります。ボールを保持した状態で、「1歩目の足を地面につけたまま、2歩目の足を自由に動かすことができる」という基本スキルです。1歩目足のことを「ピボットフット」と呼び、2歩目の動かせる足を「フリーフット」と呼びます。

このスキルを使うことで、ボールをキャッチしてから2ステップしか歩けないバスケットボールにおいて、プレーの幅を広げていくことができます。

ピボットの基本解説

よくあるトラベリングシチュエーション4選

よくあるトラベリングのシチュエーションを見てみましょう。シーンによって基準が少し違うので確認していきましょう。

【その1】ピボットのズレ

ボールを保持している状態の、ピボットフットが地面からズレてしまうトラベリングです。ピボットフットは母指球(ぼしきゅう)を地面から離さないように気をつけてください。コートが滑りやすくなっていたり、ディフェンスのプレッシャーが強い場合にズレが生じやすいです。

ピボットする時は、ピボットフットのかかとを上げてフリーフットを動かすことをおすすめします。

ピボット5方向

【その2】ボールリリースの遅れ

ボールを保持していてピボットフットが地面に残っている状況で、次にドリブル・パス・シュートのいずれかを選択したい場合、ピボットフットが地面から離れる前にボールを手から放す必要があります。または、ピボットフットとフリーフットを同時に地面から離す=ジャンプして、次に着地するまでにボールを放す必要があります。

ドリブルスタート時にリリースが遅れてトラベリングになるケースは非常に多いので、こちらの動画でトラベリングを防ぐ方法を説明しています。

ドリブルドライブ | トラベリングしないドライブスキル

【その3】ボールを保持しながらジャンプした後、ボールを保持したまま着地

ボールを保持して、パスやシュートをしようと思ってジャンプしたものの、ボールを放さずにそのまま着地してしまった。というのもトラベリングになります。

これは、片足でジャンプして同じ足で着地する「けんけん」のステップでも適用されます。

【その4】キャッチ際のミート失敗

味方からパスをもらう時に、キャッチのタイミングと1歩目のタイミングがうまく合わない、または止まることができずに3歩ステップしてしまうこと。これは体育の授業で説明された「3歩、歩いたらトラベリング」に該当するトラベリングです。

バスケ経験者がやりがちなキャッチ際のトラベリングについて以下で説明していますので、そちらもご覧ください。

ボールのもらい方にも注意しましょう

こちらの動画では、ボールミート時のトラベリングについて注意点を説明しています。1990年代後半から2010年世代で現役だった方は当たり前のようにやっていたステップかもしれませんが、現在はトラベリングと判定されてしまいますので、少しずつなおしていきましょう。

  • 空中でキャッチが基本となります
  • 「余計なミートはしない」が正解かもしれません

ギャザーステップを理解しよう

ここまで、基本的なトラベリングのルール確認と、試合中にやってしまいがちなトラベリングの典型例をみてきました。ここからは、オフェンススキルに応用できるギャザーステップを解説していきます。

ギャザーステップとは?

ギャザーステップは、ドリブル中やシュートモーション中などでボールを保持していない(両手でキャッチしていない)状況におけるステップのことです。このステップは、トラベリング判定の対象となる1歩目、2歩目としてカウントされず、「0歩目」とされるため、「ゼロステップ」とも呼ばれています。

ボールを保持(キャッチ)した時、ボールを保持するよりも前(または完全に同時)から地面に接地しているいずれかの足(片足)は0歩目とされています。ボールを保持した時、ボールを保持するよりも前に両足が地面についていた場合はいずれかの足が0歩目、もう片方の足は1歩目としてカウントします。(これはミートした時に両足で着地するのと同じですね)

このギャザーステップを利用すると、フィニッシュムーブで移動距離を稼いだり、スピードや進行方向に変化をつけて相手チームのファウルを誘ったりなどプレーの幅が広がります。

ギャザーステップを活用したフィニッシュムーブ5選

スタッターステップがトラベリングではない理由

ボールをポケットした状態でハーキーする、スタッターステップというスキルがあります。こちらは、キャリイングザボール(オーバードリブル)をしない限りトラベリングとしてコールされることはありません。なぜなら、ポケットというスキルは「もう一度ドリブルができる状態」だからです。

スタッターステップ

通常のドリブル時にわざわざステップをカウントしていないのも同じですが、ドリブルが再度できる状態でのステップはギャザーステップとしてカウントしないのです。もし、4歩も5歩もステップしてたら大抵の場合はダブドリしているので、過度なステップはおすすめはしません。

まとめ

トラベリングについて解説させていただきました。バスケットボールの基礎を習得する上で、今回ご紹介させていただいたルールの内容を理解し、体が無意識に動くまで徹底して練習する必要があります。テキストを参考にしていただき、皆さんの練習に少しでも役に立てたらと思っております。最後まで読んでいただきありがとうございました。

「後悔したくない」が間違っている理由
あなたはこれまで生きてきて、「後悔」をしたことがありますか?あなたがこのテキストを読める年齢であれば、後悔をした経験が一度や二度はあると思います。 筆者は40歳になる年ですが、これまで数多くの後悔をしてきました。「もっと勉強すればよかった」…
【バスケ】試合で使う「チェストパス」はこれ!基本形と異なるフォロースルーを学ぼう
チェストパスの練習はバスケットボールを始めた頃だけではなく、日々の練習の中で鍛錬されていると思います。きれいなフォロースルー、ボールの軌道・回転、相手が次のプレーにつなげられるナイスパスを意識したいですよね。 しかし、実際の試合で多く使われ…
NBA選手も使う1on1テクニック「シャムゴッド」を練習してみよう
バスケットボールのドリブルスキルには、様々なアイディアが詰まっています。特に、アメリカのストリートカルチャーからインスパイアされ、一般的にはストリートボールムーブと言われるような既成概念にとらわれないクリエイティブなドリブルスキルは魅力的で…
【バスケ】1on1最強技「ヘジテーション」を手に入れよう
バスケットボールにおけるドリブル中の1対1(1オン1)のスキルは、スキルクエストでこれまでご紹介したものだけでも多くの技があります。すべて実戦で使うことが可能ですし、相手ディフェンスを出し抜くのに効果的なものばかりをご紹介しております。 こ…
【バスケ】高度なボール回しコーディネーショントレーニング3選
多くの指導者は、選手の未来を本気で考え、プレイヤーとして、人として活躍できるように「今、何を行うか?」「今、何を伝えるか?」という課題と向き合っていると思います。 練習メニューは、スキル先行となるのではなく次のステージに向かうために今取り組…
タイトルとURLをコピーしました