記事内にPRを含む場合があります

【バスケ】パワーレイアップ | ペイントエリアでの得点力を高めよう!

フィニッシュムーブ
スポンサーリンク

あなたは、試合中にペイントエリア(ゴール付近の3秒ルールが適用される区域)まで攻め込んだものの、ディフェンスのプレッシャーを感じて、ついつい無理なシュートを放ってしまったり、苦し紛れのパスを出してしまった経験ありませんか?

また、ゴールから離れていくような体勢でシュートを打って、コーチや監督から「逃げるな!」と言われたことありませんか?とても悔しいですよね。

このテキストでは、ペイントエリア内でも慌てずに、フィジカルを使って相手のファウルを誘発したりスペースを作り出してフィニッシュする「パワーレイアップ」というスキルをご紹介します。

  • レイアップのブロックショットを未然に防ぐことができます
  • 相手の反応をみながら攻撃を選択できるようになります
  • スピードに頼らなくても、判断力とスキルで得点できます
スポンサーリンク

パワーレイアップを習得しよう

早速、動画でパワーレイアップを確認していきましょう。

パワーレイアップ(アウトハンド・インハンド)

フィジカルを使ったコンタクトフィニッシュムーブです。アウトハンドとインハンドは状況によって使い分けられると良いです。

相手ディフェンスと接触してからフィニッシュ

パワーレイアップは、通常のレイアップシュートのステップとリズムが違います。どちらも1・2ステップでフィニッシュではあるのですが、ランニングステップではなく、ステップに入る直前に身体を相手ディフェンスとコンタクトさせるため、1・2ステップはその場で強く踏みます。(両足で着地しても大丈夫です)

※要点部分のみ再生されます

オフェンスファウルにならないの?

ダイアくんとモンドちゃん
ダイアくんとモンドちゃん

ディフェンスと接触する時、オフェンスがディフェンスを押しているようにみえるけど、オフェンスファウルにならないの?

やまぐちコーチ
やまぐちコーチ

とても良い質問ですね!

結論からすれば、オフェンスファウルにはなりません。ただし、ディフェンスとコンタクトする際に腕をシリンダーから出してしまうとチャージングになる可能性が高いので注意しましょう。

ディフェンスがオフェンスを正しく止める(オフェンスチャージングを獲得する)ためには、オフェンスの進行方向の正面に先回りして両足を着地させた状態で止まる必要があります。

パワーレイアップのシチュエーションでは、ディフェンスはオフェンスの進行方向に対して並走しており、コンタクトの時点でディフェンスも動いている状態であるため、オフェンスがイリーガルな手の使い方や危険な肩の入れ方などをしない限りはチャージングにはなりません。

ディフェンスが横を並走していることは、オフェンスにとって非常に優位な状況です。

シリンダーを理解しよう

正しいフィジカルコンタクトのために、シリンダーを学んでおくことは大切です。こちらの動画でシリンダーの概念について学び、正しくプレーできるようにしましょう。

パワーレイアップのメリット

パワーレイアップを試合中に使うメリットを確認していきましょう。

ファウルを獲得しやすいコンタクトフィニッシュ

パワーレイアップは、チームの流れを作り出すディフェンスファウルを獲得できる可能性が非常に高いコンタクトフィニッシュです。ディフェンスが並走してきても怯まずに、ペイントエリアで脅威を与えたいところです。

後出しじゃんけんのバリエーションが豊富

※要点部分のみ再生されます

ステップ後のシュートフェイク、ターンアラウンド、ステップスルーなどアレンジして対応できるので、相手の反応をみながら常に「後出しじゃんけん」が可能になります。スピードに頼らず、判断力とスキルで相手を出し抜いてみましょう。

3秒バイオレーションに気を付けましょう

パワーレイアップは制限区域内でのフィニッシュムーブなので、バリエーションのステップを踏むと3秒バイオレーションが宣せられてしまう危険性も高まります。こちらの動画で3秒ルールも正しく学んでおきましょう。

まとめ

パワーレイアップについてご紹介させていただきました。

バスケットボールは、フィジカルコンタクトが多いスポーツです。身体の当て方や使い方については細かなルールが設定されていますが、接触プレーを制することは自チームに優位性をもたらしてくれます。

ぜひ練習して、積極的に実戦で使っていただければと思います。

「後悔したくない」が間違っている理由
あなたはこれまで生きてきて、「後悔」をしたことがありますか?あなたがこのテキストを読める年齢であれば、後悔をした経験が一度や二度はあると思います。 筆者は40歳になる年ですが、これまで数多くの後悔をしてきました。「もっと勉強すればよかった」…
【バスケ】試合で使う「チェストパス」はこれ!基本形と異なるフォロースルーを学ぼう
チェストパスの練習はバスケットボールを始めた頃だけではなく、日々の練習の中で鍛錬されていると思います。きれいなフォロースルー、ボールの軌道・回転、相手が次のプレーにつなげられるナイスパスを意識したいですよね。 しかし、実際の試合で多く使われ…
NBA選手も使う1on1テクニック「シャムゴッド」を練習してみよう
バスケットボールのドリブルスキルには、様々なアイディアが詰まっています。特に、アメリカのストリートカルチャーからインスパイアされ、一般的にはストリートボールムーブと言われるような既成概念にとらわれないクリエイティブなドリブルスキルは魅力的で…
【バスケ】1on1最強技「ヘジテーション」を手に入れよう
バスケットボールにおけるドリブル中の1対1(1オン1)のスキルは、スキルクエストでこれまでご紹介したものだけでも多くの技があります。すべて実戦で使うことが可能ですし、相手ディフェンスを出し抜くのに効果的なものばかりをご紹介しております。 こ…
【バスケ】高度なボール回しコーディネーショントレーニング3選
多くの指導者は、選手の未来を本気で考え、プレイヤーとして、人として活躍できるように「今、何を行うか?」「今、何を伝えるか?」という課題と向き合っていると思います。 練習メニューは、スキル先行となるのではなく次のステージに向かうために今取り組…
タイトルとURLをコピーしました